« 2012年5月 | トップページ | 2012年7月 »

2012年6月

2012年6月20日 (水)

買ってしまった。

我が家の財務省との交渉も順調に進んで無事調印、臨時予算(ボーナス)を編成し購入してしまいました!!
580125_233287466789622_760427404_n
オリンパスのOM-D E-M5です。ボディとバッテリーホルダー、予備の電池を購入。
レンズはLUMIXのG1につけていたG 20mm/F1.7を使用、そのうち14-150が欲しい所ですね。

今まで愛用していたLUMIXG1は旅にでることとに、これもいいカメラでしたね。まだまだ現役で十分使えるのですが・・・。OM-D、このデザインには負けてしまいました、これこそカメラ!!って感じのデザインと、ワインダーとか、モータードライブとかを思い出させるパワーバッテリーホルダー・・・。
懐かしい・・・、ニコンのF3PにMD-4をつけて写真を撮っていた時代が蘇ります。

G1で3年ちょっと使っていたかな。OM-D、これも長いお付き合いになりそうです。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年6月14日 (木)

iMacのHDD交換

我家のiMac(Mid2007)のハードディスクにS.M.A.R.Tエラーがでてしまいました。
出ていた・・・、と言った方が正しいのかな?

まぁ、毎日問題なく起動していて、普通に使っていたのですが・・・、確かに調子が悪い時は起動しない、青い画面のままか、グレーの画面でインジケーターだけが延々クルクル回っている・・・という具合です。
そして今回も久し振りに起動しない症状が・・・「たまにはHDDのチェックでもしてみるか・・・」と、ディスクユーティリティーで確認したところエラーが確認された次第です。
恐ろしや、いつからだったんだろう。ある意味、爆弾かかえていたようなものなのです。子どもの成長記録の写真や、動画など、数々の思い出がたくさん詰まったHDDです、だましだまし使うわけにもいかず、すぐバックアップをとってHDD交換!!

iMacのHDD交換は本体を分解して液晶パネルを取り外さないといけません、メーカー保証が受けられなくなるため、自己責任で行ってください。詳しい手順はここをご参考に・・・。ねじの種類とかコネクタとか、微妙に違ったりしますが、HDDへアクセスする手順は大方同じです。
Img00258201206132134
一番最初のガラスパネルを外す時、そして液晶を外す時、ここが一番緊張しました。
きっちり手順通りにやっていけば、あっさりできてしまいます。注意点はコネクターを何本か抜くので、確実にもとに戻せるるように印をつけたり、外したねじを小皿にわけて種類別に把握しておくことくらいでしょうか。

Img00260201206132311
初めてだったので、かなり慎重にやってました、作業時間は1時間くらいかな。あちこちのHPを見つつ、できるかな~大丈夫かな~、と不安でしょうがなかったのですが・・・、いざ始めるとサクサクできてしまいました。

手にしているのは壊れた純正HDD、Western Digital の250GBです。
交換したHDDはSeagate technologyのBarracuda7200、1TB、容量はいっきに4倍へ!!しかし本体は薄くなっている・・・、改めて技術の進歩は凄いなぁ。音も静かになったし、起動時間も短くなった感じがします。

費用は8000円、買い替えより断然安いですね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年6月 5日 (火)

ユーロディーラーズプレート

Img00247201206031623
前々から気になっていてベルギーのユーロディーラーズプレート、ついに手にいれることができました!
ベルギーのルノーディーラーが、販売した車にとりつけるナンバープレートガーニッシュです、横幅も日本のナンバーの方が少し小さいけど、まぁほぼ同じ。
さっそくとりつけたいのだけど・・・、やっぱり前よりかは後ろにつけたいなぁ。
後ろだと封印をはずさないといけないし・・・。うーん、どうしよっかなぁ。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年6月 4日 (月)

カングー退院です。

Img00245201206031621
カングーが退院してきました、約2週間の入院でしたが。エンジン始動時、なぜ最初だけ燃料ポンプが作動しないのか、なぜ2回目からは普通に動きだすのか・・・結局原因はわからず・・・。
いろいろ手を尽くして調べていただいたのですが・・・、どうしても「ここが原因だ!」という確証が得られませんでした。TDCセンサーの不調ではない!ということだけははっきりしましたが・・・。

うちのカングーと症状が全く同じというわけではありませんが、エンジンがかからない等の対処で、過去の実績を調べてみると・・・、燃料ポンプリレーを交換したら直ったとか、燃料ポンプを交換したら直ったという事例もあるそうです。

ということで「とりあえずここを交換してみましょう」と、一番お気軽にできる部分、燃料ポンプリレー(工賃込みで12000円)を交換してみましたが・・・、おいらのカングーは残念ながら改善されませんでした。

次に疑うは燃料ポンプ、これはおそらく5万以上はかかるでしょうね。ちょっと原因がわからぬまま、「とりあえず交換してください」とは言いにくい金額です、ちょっとしたギャンブルです。
最後に一番疑われているボディーコンピューター、これはもう言わずもがな・・・。確実に10万コース、厳しいですね。

最近は暖かさも関係しているのかな?1回でかかることが多くなったような・・・、最初にかからなくとも2回目にはエンジンがかかる、かかってしまえば快適そのもの、アイドルも安定しているし、止まる気配がない。

コンピューターも怪しいんだけど、ここだったら寒い、暖かいは関係ないだろうし・・・。
やっぱポンプかなぁ・・・、ちょっとしっくりこないけど「かかるし、乗れるし、まぁいいかな」という感じですかね。とりえず、もう暫く様子見です。

代車のルーテシアから愛車のカングーへ、やっぱ落ち着くなぁ、改めてカングー君は良い車だ!!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2012年5月 | トップページ | 2012年7月 »